アレルギー対策用キャットフード

猫にも人間と同じように特定の食材でアレルギー反応を起こす子がいます。猫によって症状は様々ですが、最悪の場合だと死に至ることもあり、飼い主としては猫がどんなアレルギーを持っているかきちんと調べてキャットフードを与えないといけません。

今回はアレルギーの原因やアレルギー対策用キャットフードについて説明していきます。

アレルギーの原因

食べ物によって猫がアレルギーになる原因には、主に食事過敏症が挙げられます。食事過敏症とは、アレルゲンとなる特定の食べ物を食べることで、アレルギー反応を起こしてしまう病気です。

食事過敏症では首や顔周辺が皮膚炎になる・脱毛・痒がる・下痢・フケが出るといった症状が出ることがあり、対策としては猫に与えているキャットフードにアレルギー物質が入っていないか見直すことが重要です。

アレルギー対策用キャットフードの選び方

アレルギーを引き起こしやすい原材料を使っているものは避ける

アレルギーがある猫を飼っている場合、キャットフードにアレルギーを引き起こしやすい食材である肉、穀物、乳成分が入っているものは控えましょう。

猫によってアレルゲンとなる材料は異なるものの、あまりアレルギーとなる原材料がないキャットフードだと安心して与えることができますよね。猫にアレルギーがある人もそうではない人もアレルギー対策として原材料はチェックしましょう。

主な材料が魚

牛肉や鶏肉などはアレルギーになりやすいものですが、魚はあまりアレルギーになりにくい食材です。キャットフードを食べてアレルギー反応を起こしてしまったらその中に肉が含まれていないかどうかチェックし、主原料に魚を使用しているものに変更するのが良いでしょう。

アレルゲンフリーのものを選ぶ

アレルギー対策用キャットフードとして、アレルゲンフリーのものがあります。猫のアレルギーを細かく特定するのはとても難しく、アレルゲンである食材が入っていないキャットフードを与えても別の食材でアレルギーを起こすということもあります。

アレルゲンフリーのキャットフードなら、アレルギーを引き起こす食材は極力使用せずに作られているため、猫のアレルギーを気にすることなく安心して与えることができます。