肥満用キャットフード

猫を室内だけで飼っている人が多いと思いますが、室内で猫を飼っていると運動不足に陥りやすく、また溺愛しすぎてエサを与えすぎることがあります。

このような状況だと猫は太りやすくなってしまい、病気になったり早死にしたりする可能性が高くなってしまいます。

今回は肥満によって引き起こされる猫の症状や肥満用キャットフードについて説明していきます。

猫が肥満になると…

猫も人間と同じように肥満になると健康に支障をきたしてしまいます。

肥満による主な症状

  • 関節や心臓に負荷がかかる
  • 呼吸がしにくくなる
  • 糖尿病になる
  • 麻酔が効きにくくなる

体重が重たくなると当然体重を支えている足腰の負担が重たくなります。負担が重たくなると関節や靭帯、椎間板にダメージが蓄積され、その結果関節炎やヘルニアになりやすくなってしまいます。

また人間と同じように脂肪が体に溜まると首回りに脂肪がついて気道が圧迫され呼吸がしにくくなったり、過度な食事が原因で糖尿病になったりしてしまうことがあります。

猫が可愛いからと言ってたくさんエサを与えすぎると、最終的には猫の健康を害してしまうことがあるので、肥満にならないように飼い主が注意しなければいけません。

肥満用キャットフードを選ぶポイント

猫が肥満になってしまったらダイエットをして体重を落とす必要があります。ダイエットで重要なのは食事ですが、いきなりエサを減らしてしまうと猫にストレスを与えてしまいます。

最近では肥満用に低カロリーのキャットフードが販売されているので、まずはそれをいつもと同じ量を与え、徐々に量を減らしていきましょう。

また肥満用キャットフードの中には低炭水化物のものがあります。猫はライオンやトラのように肉食動物なので、人間と異なり炭水化物を消化しにくいのです。そのため炭水化物をたくさん食べてしまうと消化しきれなかった分が皮下脂肪や内臓脂肪となり、どんどん体に溜まっていってしまいます。

飼い猫の脂肪が気になるのなら、低炭水化物のキャットフードを与えると良いでしょう。 また、猫が必要とするカロリー量こちらも合わせてご覧ください。