国産キャットフードの特徴

キャットフードには国産のものと外国産のものがあります。人間用の食材はよく国産の方が安全だと言われていたり、外国産の方が値段は安いと言われていたりしますが、それはキャットフードにも当てはまるのでしょうか?

今回は国産キャットフードの特徴について説明していきます。

国産キャットフードのメリット

  • 価格が手ごろ
  • 様々な味のものがある

よく野菜や果物では「外国産のものは安くて国産のものは高い」と言われていますが、キャットフードの場合は国産のほうが安いことが多いです。

国産にはコストがかかる魚や肉よりも穀物など、安く仕入れることができる原料を使っているものが多いため、外国産よりも安く買えます。また国産のキャットフードは味の種類も豊富で猫が飽きないように工夫されているのも特徴です。

国産キャットフードのデメリット

  • 猫の健康よりも飼い主の食いつきを重視している
  • 外国よりもキャットフードの規制がゆるい
  • 穀物が多い

外国産のキャットフードであれば、細かくて厳しい安全基準の元で生産された高品質のものが多いのですが、日本でのキャットフードを含むペットフードの安全基準は、他の国と比べて低いのが実情です。

そのため国産のキャットフードのキャットフードの中には外国産のものではあまり使用されない添加物が入っていたり、人間の食べ物には入れないような質の悪い原料が入っていたりするものもあり、安全面に不安があります。

国産のキャットフードは見た目が美味しそうなものが多くありますが、あれは飼い主の購買意欲を高めるために着色料などを使って加工しているからです。

しかしその中には発がん性のある添加物が含まれている危険性があり、また価格を安くするためにアレルギー反応を引き起こしやすい穀物をたくさん使用しているものもあります。国産キャットフードを買う際には添加物や穀物がどれほど入っているのか注意する必要があります。

国産のキャットフードにはメリットとデメリットがあります。それらをしっかりと理解して飼い猫に合ったキャットフードを選ぶようにしましょう。