キャットフードの賞味期限

飼い猫にキャットフードをおいしく食べてもらうには、賞味期限に気を付けなければいけません。キャットフードには様々な種類があり、賞味期限もそれぞれ異なります。

そこで今回はキャットフードの種類別の賞味期限とその保存方法について説明していきます。

開封済みの場合は要注意

キャットフードは一度開封したらなるべく早く食べきるようにしなければなりません。開封をしてしまうと空気に触れて酸化してしまうため、記載されている賞味期限よりも早く傷んでしまったり、味や食感も悪くなってしまったりするため猫が食べたがらなくなってしまいます。

ドライフードの賞味期限と保存方法

ドライフードは未開封だと1年半であり、水分が少なくパッケージにため開封後でも長期間での保存が可能です。

ドライフードを開封後の保存方法は一日分の量をジップロックや真空パック、タッパーなどの容器に小分けにして入れていきます。それから市販の乾物などに入っている食品乾燥剤を入れ、容器から空気を抜いて密閉していきます。置き場所は床下収納や食器棚のような湿度が低く気温の差が激しくなく日光が直接当たらないところが良いでしょう。

ウェットフードの賞味期限と保存方法

ウェットキャットフードは缶タイプのものが多く、開封前であれば約3年保管ができますが、水分が多いため一度開封してしまうと長く保存はできません。そのため開封した後はなるべく早く食べきるようにしましょう。

食べきれない場合は別の容器に入れて冷蔵庫に入れるか冷凍庫に入れるようにしましょう。ただし冷蔵庫に入れる場合は一日しか持たないので注意してください。

セール品に気をつけて

キャットフードを少しでも安く買うために、セールで大量に購入する方もいると思いますが、セールのキャットフードを購入する際は賞味期限に注意してください。 キャットフード保存のおすすめ容器こちらも参考にご覧ください。

セール品の中にはキャットフードの賞味期限がギリギリであるため安くしているものがあり、気を付けて買わないと食べきれずに賞味期限が過ぎてしまい、無駄にしてしまう恐れがあります。キャットフードを購入する際には賞味期限をきちんとチェックして食べきれる分だけ買うようにしましょう。