キャットフードの種類

猫のエサといえばキャットフードがすぐに思い浮かびますが、一言でキャットフードと言ってもその種類は様々であり、それぞれメリット・デメリットがあります。

今回は種類別のキャットフードの特徴について説明していきます。

一般的なキャットフード

一般的に猫に与えられているキャットフードにはドライフード・ウェットフード・セミドライフードがあります。ドライフードは乾燥した粒状をしており、価格の安さや栄養バランスの良さ、そして長期間保存しておくことができるのでメインのエサに向いています。

ウェットフードはレトルトや缶で売られているもので嗜好性が高く、猫にごちそうとして与えるととても喜ばれます。セミドライフードはドライフードとウェットフードの中間であり、両方の特徴を兼ねています。

機能食

機能食とは子猫や老猫といったライフステージや病気、肥満など様々な状態を考慮して猫に合った機能を備えているフードです。

機能食の中には猫の健康を考慮してオーガニックの食材だけを使用したものやアレルギー反応を起こさせないように作られた低アレルギーのものもあります。目的に合ったフードを選ぶようにしましょう。

サプリメント

サプリメントには猫向けのものがあります。猫用のサプリメントとしては消臭効果や肥満、毛玉予防効果、整腸作用、関節の軟骨補修といったものがあります。

サプリメントを与える際には注意しなければいけないことがあります。猫は人間と比べて体が小さいためつい与えすぎてしまうことがありますが、サプリメントを過剰摂取してしまうとサプリメントに含まれている脂溶性ビタミンがどんどん猫の体内に溜まっていき、病気になってしまう恐れがあります。

摂取量をきちんと守って与えるようにしましょう。またサプリメントに含まれている添加物にも注意が必要です。

猫用に作られたサプリメントなら安全性が高いのですが、人間用に作られたサプリメントの中にはキシリトールなど、人間には無害な成分でも猫にとっては有害な成分が含まれており、与えてしまうと健康を害する恐れがあります。 猫にサプリメントを与えたい場合は必ず猫用のものを与えるようにしましょう。